トップ / 高齢者の通いやすい歯科

麻酔

子どもの頃から歯科に慣れる

今までの歯科は、痛い場所、怖い場所、というイメージが強かったです。しかし、最近では子どもがリラックスして治療を受けられる環境を作ることに力を入れるところが増えています。例えば、治療台に動物の絵を貼り付けたり、オルゴールを鳴らしてリラックスさせたりと、子どもが歯科に恐怖心を持ってしまわないようになっています。子どもの頃から親しむことで、大人になってから、症状が進行する前に受診しやすくなるというメリットがあります。怖い場所ではなく、リラックスして痛みをとってくれる場所だと感じられるように努力しています。

息子の歯科のトラウマ克服

私の4歳の息子は、2歳の頃に受けた歯科のフッ素での先生の対応がよほど恐かったのか、以来トラウマとなり名前を出すだけでも怯えるようになりました。しかし、幼稚園に入園してこのまま歯の検診をさせない訳にいかないので新しく口コミで探す事にしました。そこで、口コミで評価が高く、コメントも多く掲載している歯科を見つけ、息子に何も告げず連れて行ってみました。外観もかわいく、アットホームな雰囲気で、スタッフの方や先生からも子供が好きだという事が伝わってきました。親身な診察で息子も恐がることなく克服しました。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の最新接着治療方法. All rights reserved.