トップ / 歯科治療で削った部分

麻酔

歯科治療に用いられる素材

歯科治療では、削ってしまった部分を塞ぐためのさまざまな詰め物が利用されています。こうした詰め物は所謂銀歯の様な、歯との一体感がない見た目のものや、歯と同じような白い見た目の素材を用いる場合もあります。また、新しい治療法でも多くの素材が用いられています。例えば、近年注目されている接着治療では接着レジンセメントというものが利用されており、この詰め物を虫歯となった幹部に流し込むことによって模擬的に歯を再生させることができます。この接着治療はまだ知名度が低いのですが、新しい歯科治療として多くの注目を集めています。

歯医者で使われる素材とは

歯科では治療によって様々な素材が使用されます。保険適応か自費かによっても変わってきます。保険適応で使用されるものは、被せ物に多い銀やパラジウム合金がほとんどです。健康保険は見た目よりも機能性だけを認める治療となります。小さな虫歯などの治療では、白いプラスチック系のレジンが充填剤に使われます。数年経つと多少の変色がみられます。自費治療になると、審美性に優れたものとなります。オールセラミックやフルジルコニア、内側が金属のメタルセラミックやジルコニアセラミック、詰め物ではセラミックインレーなどがあります。歯科で目的に応じて相談されることをおすすめします。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の最新接着治療方法. All rights reserved.