トップ / 歯科で気をつけること

麻酔

歯科での麻酔使用について

歯科の麻酔で体調を悪くしてしまう人は少なくないのが現状です。受診前にそれがわかっている人は医師に伝え、体調が悪くならないように配慮してもらう事が重要です。麻酔で気分が悪くなった時は決して我慢はせずに、すぐに歯科医に伝え適切な処置を取る事が命を守る事につながります。このトラブルは最悪の場合、AEDの使用、他の医療機関への救急搬送といった事が発生します。医療機関側は事前の問診等で確実に把握する事です。また、突発的に発生した時は慌てずに必要なケアを行う事です。このトラブルは冷静に対応する事が出来れば問題はないです。

麻酔でつらい治療を快適に

虫歯になってから治療のために歯科へ行くと、独特の匂いや歯を削る嫌な音に萎縮してしまう人が多いです。昔から虫歯治療は痛いものだと決まっていますが、現在の治療においては、一概にそうとも言えません。治療中の痛みに強い人も入れば、弱い人も居ます。そんな人のために、麻酔があります。歯科での治療の際、痛みに弱いことと、できれば麻酔を使って欲しいことを医師に頼みましょう。今は怖い思いをしてまで虫歯治療をしてもらう時代ではありません。怖いなら怖いと正直に医師に伝えることで、治療が格段に快適なものになり、恐怖心も和らぎます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の最新接着治療方法. All rights reserved.