トップ / 歯科で使用できる保険

麻酔

子どもも歯科で治療ができる

子どもの場合、子どもの歯の事をよくわかっている小児歯科に通うのが良いのですが、近くになかったり、時間的に通うのが難しい場合は一般の歯医者でも診てもらうことができます。その場合、受付や診察台は子ども用になっていないことがあり、雰囲気になじめないことがあります。しかし、近年では歯科でも子どもが嫌がらずに治療できるよう言葉がけを柔らかくしたり、治療後ご褒美シールをあげたりと工夫をしてくれるので通いやすくなっています。

開咬治療も矯正歯科でできる

開咬は幼稚園や保育園、小学校になってもおしゃぶりをしていた結果なることが多く、親指によって上あごが押し上げられ前歯がかみ合わない状態になることを言います。こういった場合でも矯正歯科で治すことができます。開咬の場合、おしゃぶりだけでなく遺伝的な要因や舌の問題もありますが、まずは状態をみてブラケットを装着し、何度か調整を行うことにより前歯で噛み切ることができるようにしていきます。矯正歯科ではまずしっかりカウンセリングを行うのでその際にどういった状態でなったのか話すようにします。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の最新接着治療方法. All rights reserved.